1. 無料アクセス解析

醜いアヒルの子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/08/22 [Mon]

群青放送部員

 
さて、最後です。

リメイク版のドラクエ3では盗賊が一番好きです。

FF6ではロック。

ウィザードリィでは忍者。


この職業を選ぶのは必然でした。

 
 


初めて作ったキャラクター「醜いアヒルの子」が手探り過ぎて武道家になってしまったため、改めてシーフとして作り直したキャラクターです。


ダガーを投げて、宝箱を開けて、敵の攻撃は避けまくる。

最高に楽しいキャラクターでした。


最終的なステータスはこんな感じ。



ペットは神霊闇自然水です。

回避OP付きの装備は無しですが、ギルド補正とペットの回復で充分間に合う被弾量に抑えられるのでストレス無く狩れます。

VITALIZERの他のシーフを見る限り、飛びぬけて強くも無さそうですが、雑魚と言われることもなさそうです。

支援職の揃ったギルド戦をほとんど経験していないためイマイチ立ち位置がわかりませんが、個人的には結構満足してます。

でも、もうちょっと力と敏捷欲しかったかな・・・


シーフスキルはこんな感じ。



シャドウスニーキングを使用した状態です。

エクスプロージョントラップを設置1秒まで振ってる以外はありふれた構成ぽいです。

後は強奪マスを目指すくらいでしょうか。



武道スキルはこんな感じ。



同じくシャドウスニーキング使用。

烈風撃は浪漫。

巻き蹴りは狩りでのスタン用の予定でしたが、結局ブービーを使ってしまうためほとんど未使用です。

仰け反るのスキルレベルもいくつが最適なのかよくわからず適当です。

死ななければそれ以上振らないって感じです。



装備品も思い入れのあるものばかりで、何を紹介しようか迷います。

全部はさすがに面倒臭いのでいくつかピックアップして。




OPは全て天然です。

力比率だけLv1だったものを増幅+再構成2回で仕上げました。

攻撃力が著しく上がるダメージ補正と、狩りでの移動が快適になる移動速度15%が素敵すぎます。

運比率とか攻撃速度がついたものが普通に出回る昨今では価値は微妙ですが、使い勝手はかなり良かったです。

これは・・・誰にあげたんだっけ・・・




敏捷比率をつけようとしてついに最後まで完成しなかった未完成品です。

これは放送部の倉庫へ。

放送部のメンバーには知り合いには鏡用に貸してあげるように言ってあるので、誰か完成させてください。





友人に貸した際に、装備欄がSUグラじゃないと嫌だからという不思議な理由で変身速度がついて返ってきました。

飛虎に比べて激しくダメージが上がりますが、敏捷が下がって被弾が増える悩ましさ。

飛虎はタマへ。

道士は志穂さんへ。

あじこも素材で欲しがってた気がするけど、ボルテクスあげたしこっちはいいよね。





赤い悪魔の報酬が実装された際に最初に作成した思い出の品です。

今ではサブキャラ用ですが、運+HPは実に便利です。

お陰でサブキャラ全てがなんちゃって運キャラに。

これは確か放送部の倉庫へ。



放送部の倉庫に残した物は地味なものが多いですが、その分現金を多く残しておきました。



使えるかわからない装備よりもお金の方が便利そうですしね。

インゴットは30本のはずでしたが、




ログアウト寸前に見つけた友人に5本ほど渡したので25本です。

もっと気の利いた物をあげたかったのですが、アーチャー装備を何一つ持っていないのと、VITALIZERでばら撒いた後だったので何もありませんでした。

味気無い餞別でごぬんよ。




さて、何かしら思い出を書き綴ろうと思ったのですが。



ありすぎて何を書いていいかわかりません。

ギルドを作ったこと。

メンバーを集めたこと。

ギルド戦やギルド内イベント。

SouthernCrossやVITALIZERとの交流。

秘密ダンジョンや狩りPTで親しくなった友達。

お金を貯めて買ったアイテム。

お金をかけて改造した装備品。

ソロで攻略したクエスト。

手伝ってもらったクエスト。

手伝ったクエスト。

朝まで続く雑談。

友人を見かけたら意味も無く投下する耳爆弾。


全部、最高に楽しかったです。



この先ブログに何か書くかどうかはまだわかりませんが、恐らくREDSTONEのことを書くのはこれが最後になるでしょう。

人のブログは見に行きますけど。

ではではみなさんお元気で。

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

戻ってきた時にゃ5億でうまいもん食わせてやるよ!

長い間お疲れさまでした、色々とお世話になりました。
良いギルド、良い人達に出会えたと今でも感謝しています。

>さて、何かしら思い出を書き綴ろうと思ったのですが。
>ありすぎて何を書いていいかわかりません。

いい思い出がいっぱいあって、それについて語ろうとするとそうなってしまいますよね。

忍者は悪のパーティというものに抵抗があったからかロクに作ったことがありません、ごめんなさい。

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://gokithief.blog87.fc2.com/tb.php/79-6c71e975

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

群青放送部員

Author:群青放送部員
MMO RED STONE

Red Emerald

RED STONE

©2009 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved. ©2009 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved

当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。 許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。                                                    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。